ブログ外注化計画

特化ブログか雑記ブログかどうしよう…ブログ外注化計画②

投稿日:

こんばんは。だいすけです。

前回は、外注化をさらにラクにした経験を紹介しました。

今回からは、実際にどのように外注ブログを運営しているかを
月別に分けて紹介していきたいと思います。

ブログ外注化計画始動!1か月目 2018年4月

4月初旬

特化ブログか雑記ブログか悩む

外注するか否かにかかわらず、
ブログで稼ごうと考えるときに最初にぶつかる壁がこれですよね。

結論からいえば、今回は雑記ブログにすることにしました。

理由としては、雑記ブログの方が外注さんを集めやすく
より早く外注の経験を積めると思ったからです。

次にテーマの選定。

安い価格で外注さんを募集するため、集まるのが主婦や学生が中心と予想を立てました。

ですので、主婦の方が書きやすいような子育てや
家事を中心に関連キーワードツールを使いキーワードを収集。

出てきたキーワードの検索ボリュームをキーワードプランナーを使って調べる。
そのなかから、検索ボリュームが10以上100以下のものをエクセルにまとめる。

とまあ、関連キーワードを集めただけで
キーワード選定とはとてもいえない雑な仕事で外注をはじめました。

これが現状アクセス数の集まらない最大の原因といえるでしょう(笑)

一応はテーマも集めたので、クラウドワークスで募集をかけました。

募集条件は、1500文字以上1記事300円

安く募集しているのでしょうがないにしても、全然応募が来ない。
その数、2週間で応募3名…

人が集まらなかったので、サンプル記事で出来が悪くても契約しました。

そして、この時は執筆マニュアルがなかったので、
こちらで適時修正しながら記事を書いてもらうという方法をとりました。

もともとの記事の出来が悪い、さらには適時修正しないといけないので、
かなりめんどくさい…

さすがに自分で書いたほうがラクじゃね?と感じましたね
しかも、契約した3人のうち1人はすぐに音信不通に。

やり方を工夫しなければ、外注でラクをすることができないと
実感できた初めての募集でしたとさ(笑)

4月中旬

前回の募集の反省から、記事執筆マニュアルの必要性を強く感じていたので、
マニュアル一式がそろっている外注化の商材を購入しました。

そのマニュアルには、募集要項のテンプレもあったので、
とりあえずまんまコピペで募集してみることに。

今回は、前回応募が少なかったのは初心者に1500文字以上はきつかったのか
と思い文字数を減らし、1000文字以上1記事200円にしてみました。

するとどうでしょう!2週間で約45名から応募が!!

サンプル記事を書いてもらうためライティングマニュアルと
キーワードをまとめたエクセルを応募者全員に送付。

以下内訳。

  • マニュアル、キーワード送付後音信不通26名(キーワードだけとってると勘繰る(笑))
  • サンプル提出後音信不通2名
  • サンプルの出来がひどすぎてお断り1名
  • スマホのみなのでお断り2名
  • 契約完了約14名
  • 契約後音信不通数名3人くらい
  • 今現在も数名と継続して契約してる

想定以上に応募者がいて、上がってきた記事の確認が大変という新たな壁が立ちはだかる。

そこで、校正ツール導入の検討を始めました。

4月下旬

ある程度記事が集まったのでブログを立ち上げる。
たしか、50記事くらいだったかな。

過去にアフィリサイトのサテライト用に買ったドメインが余ってたからそれを利用しました。
といっても、1000円程度の中古ドメインなのでドメインパワーは弱くあまり意味なかったかなと感じています。

中古ドメインということもあり、インデックスするか心配だったので最初は1日1記事投稿。

最初の投稿から2日後無事インデックスされていたので、その日から1日3記事投稿しました。

ちょうどブログを立ち上げたのと同時に校正ツールを導入。
これまで時間のかかっていた、記事の確認作業がかなりラクに!

まとめ

外注をはじめて最初の1か月はこんな感じでした。

もし過去の自分に一言いえるなら、
「キーワード選定はしっかりしろよ」
といいたいですね(笑)

ここをしっかりしないと本当にアクセス来ませんからね…

4月末時点でのブログのスペック

  • 総投稿数:35記事
  • PV数:11
  • 収益:そもそも広告を貼っていない

-ブログ外注化計画

Copyright© ブログ外注実践記 , 2018 All Rights Reserved.